笑える迷惑メール

昨今の野球は全プレイにおける本塁打・四球・三振の割合が上昇し続け、一部では「あまりにも動きのない退屈な野球」だとして批判の声が上がっています。昨年のワールドシリーズ第3戦が延長18回までもつれたときも、ドジャースのただ一発を狙うだけで状況に応じていない打撃に、実況のジョー・バックと解説のジョン・スモルツ両氏が苦言を呈していました。裏のドジャースは、1点取れば勝ちなんだから走者が出たら素直に得点圏に送りゃいいのに、何の工夫もなく大振りしまくりでした。結果的にマックス・マンシーがサヨナラ本塁打を放ったからよかったものの、結果オーライの域を出ません。
そんな中で2019年はピッツバーグ・パイレーツが、そういう風潮に背を向けて19試合12勝7敗のスタートダッシュに成功した、と『スポーツ・イラストレイテッド』のトム・バードゥッチが伝えています。パイレーツは、打者は平均打球角度がメジャー最低で三振が少ない代わりに本塁打もなかなか出ないが、投手陣がとにかくストライクを投げて、打球がインプレイになったら4球中3球はアウトにすることで、ロースコアで守り勝つ野球ができている…というのが要旨です。ではなんでそのスタイルで勝つことができているのか、というところは説明がなく、記事内容は途中から有望新人コール・タッカーの紹介に切り替わっちゃってるんで、なんかモヤモヤするんですけど。
この記事を書いている時点でパイレーツは5連敗を喫し、12勝12敗の勝率5割に逆戻り。このままだと「なんだたまたまか」「やっぱり本塁打・四球・三振を増やす方向性は間違っていない」で済まされちゃいます。ワイルドカード争いの穴馬で推していることもあり、この異端野球で勝ってもらえると嬉しいです。

めちゃくちゃ笑える迷惑メールが来ました。以下転載。個人名だけは、同じ姓の人への風評被害を避けるため伏せ字にせておきますが。

迷惑メール撲滅団体、
担当弁護士の**です。

当団体は、全国各地から迷惑メール(悪質メール)からの被害相談を受けており、
独自の調査を進めながら迷惑メールを行う配信元(悪徳サイト等)と常に戦って参りました。

今回、我々は独占ルートにより迷惑メールが配信されている(又は、これから配信される予定者)のリストを入手することに成功、このように忠告の案内を行っております。
このリストは何かしらの影響で情報漏洩されたものと考えており、現時点で被害に遭われている、心当たりがある・ないは個々にお思いかもしれませんが、既に悪用されていることは確かです。

まずは悪徳サイト、騙しサイトは使用しないことが闡明ではございますが、このようなデータバンクにリストがある以上、迷惑メールは停止することはございません。

こちらは被害に遭われましたIPアドレス(所持端末アドレス)の方、一斉に配信しており、
希望される方には
無償で迷惑メール、悪質メールの配信停止とデータバンクのリストからの情報削除を行っております。

迷惑メール(悪質メール)にお困りの方、上記ご希望される方は、
本文に「情報削除希望」と記載の上、ご返信下さい。

ご連絡頂いた時点で即座にデータバンクに残されているリストより該当アドレス、情報などを削除致します。

皆さん心の中でツッコんだでしょう? 撲滅団体を名乗るんなら、こんなメールでお伺い立ててないで問答無用で「迷惑メール、悪質メールの配信停止とデータバンクのリストからの情報削除」やれよ、って(笑) 弁護士は法の力を利用する職業です。「撲滅」の「撲」はなぐるということ、「滅」はほろぼすということ。これだけ激烈な言葉を使っておいてお伺いを立てるって、なんなんでしょうねこれはまた。いくらなんでも程度が低い。

Continue Reading

実はこちらも引っ越してました。

個人的に優勝候補に挙げていたコロラド・ロッキーズがスタートダッシュに完全に失敗しました。15試合3勝12敗。去年カイル・フリーランドとヘルマン・マルケスが2本柱として確立したので、これでジョン・グレイが本格化してくれればなぁ、なんて期待してたんですが、いざ蓋を開けてみればこの惨状。絶好調のデビッド・ダールがIL入りしてしまうわ、チームの顔ノーラン・アレナドは絶不調だわ…。
この球団は伝統的にシーズン終盤で一気に捲ってくるのでまだわかりませんが、借金9はやっぱり苦しい。4勝目はマルケスが1安打完封と痛快なピッチングだったので、これで波に乗ってくれればいいんですけど。

先日「引っ越しました。」というタイトルで、観葉植物の鉢の交換について書きました。それを見た某社員から「引っ越しってそっちかよ!?」(意訳)というツッコミを頂戴しました。
その某社員が「そっち」ではなく「こっち」とみなしていた引っ越しとは何でしょう? 実は、不動産部の山口が、デスクを2階から1階へ移動したんですね。同じフロアの人間が2人いなくなるだけで、結構寂しくなるもんです。元々の定休日が違うので、以前から毎週火・水はこんな感じだった、とはいえ。たまにあっちが2階へ上がってきたり、こっちが1階へ下りたりする、とはいえ。
↓は本社2階のBefore/Afterです。不動産部で使っていた棚が、すっかり空いてしまいました。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の本社2階Before/After

ということで、不動産部の電話番号は変わっていませんが、ファックス番号は変わりました。この場を借りて変更のお知らせです。2019年4月より、相陽建設株式会社 不動産部のファックス番号は 042-772-7246 です。皆様お間違えなきよう、よろしくお願い申し上げます。

Continue Reading

咲きましたよ老木。…本当に老木?

MLBとキューバの移籍協定、案の定ホワイトハウスに差し止められました。いくらバラク・オバマ前大統領が国交正常化宣言をしたところで、経済制裁解除の権限は議会が握っているわけで。その議会が制裁解除をしていない以上、大統領がドナルド・トランプでなかったとしてもこうなるのは自明だったかと。
制裁法上、米企業の金がキューバ国民へ渡ると制裁違反になります。この制裁の適用除外となるためには、キューバ人側がキューバ政府と何のかかわりもないことを証明し、米財務省外国資産管理課の審査を通過する必要があります。だから野球選手やボクサーはみんな国を捨てて亡命するわけです。MLBからキューバ野球連盟に金が流れる仕組みで、この法の適用除外となる自信がMLBにはあったということでしょうか。にわかには信じがたいです。
残念なのは、この移籍協定からMLBとキューバの協力関係が発展すれば、亡命キューバ人がキューバ代表としてWBCに参加するのも可能になっていたかもしれないこと。亡命選手も加えた“真の”キューバvsドミニカ共和国とかvsプエルトリコとか、見てみたかったなぁ。

3月29日時点では咲く気配がまったく見られず、いよいよ寿命かと思われた弊社敷地内の桜の老木。あれから10日経ってどうなったかといいますと、
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の桜の老木、2019年も無事に咲く

無事に咲いてくれました。しかも、先に咲いたもう1本も満開というタイミングで。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の桜、2本揃い踏み

老木の方はまだ満開とかいかず、上の方はちょっと ハゲ散らかし気味 寂しいですが、なんにせよよかった。咲くタイミングがいい具合にズレているので、今年も長く桜を楽しめそうです。
…と、ここまで書いてきて、脳内に1つの疑問が浮上。遅く咲く方を「老木」「老木」と連呼していますが、そういえばもう1本の樹齢を知らなかった。早咲きの方は遅咲きの方より本当に若いんでしょうか? 老若なんていう相対評価の単語を、比較基準もなしに気安く使っちゃいけませんね。

Continue Reading

引っ越しました。

2019年本格開幕ってことで今年も予想をしてみようかと思います。去年はナショナルリーグ中地区を「セントルイス・カージナルスとカブス、ここらへんが競るかな」と書いて大外ししたことからも分かる通り、この予想の信頼性はほとんどゼロです。素人なんだからしょうがない。

● アメリカンリーグ
  東地区:ニューヨーク・ヤンキース
  中地区:クリーブランド・インディアンス
  西地区:ヒューストン・アストロズ
  ワイルドカード:タンパベイ・レイズ、オークランド・アスレチックス
● ナショナルリーグ
  東地区:フィラデルフィア・フィリーズ
  中地区:ミルウォーキー・ブルワーズ
  西地区:コロラド・ロッキーズ
  ワイルドカード:ロサンゼルス・ドジャース、ピッツバーグ・パイレーツ
● ワールドシリーズ
  ヒューストン・アストロズ ○-× コロラド・ロッキーズ

特にナショナルリーグは願望と穴馬狙いが半々です。「ガッチガチの本命で予想したところでどうせ外れるんだから」というヤケクソも入っています。
半年後、どうなっているか楽しみです。またm9されるにおいがプンプンしますが。

8か月ほど前にこのブログで紹介した、弊社2階に鎮座するど根性観葉植物。今更になって知ったんですが、トックリラン(ポニーテール)という品種だそうです。

相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のど根性観葉植物
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のど根性観葉植物
これが強力な根っこの力でさらに穴を広げてきたので、

相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のど根性観葉植物
このたび、新しい鉢を用意して植え替えました。

相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のど根性観葉植物

広く浅い鉢に移したので、根っこの力で割れることはしばらくないでしょうが、果たしてどれくらいもってくれることやら…

Continue Reading