時節柄

マリアノ・リベラ満票で殿堂入りですか。まさか満票がありうるなんて思いもしませんでした。「リリーフ投手は労働量が少ないから票を入れない」「ステロイド時代の選手は、たとえ疑惑と無縁の99.999%クリーンな選手であっても票を入れない」「有資格1年目の選手には票を入れない」なんて記者がいるから、満票は絶対に無理だと思ってました。おめでとうございます。
今回の投票では、1年目選出が確実視されていたリベラと最終年のエドガー・マルティネス以外に、1年目選出が微妙なところだったロイ・ハラデイと6年目のマイク・ムッシーナも当選。次回2020年から有資格者となる選手で殿堂入りしそうなのはデレク・ジーターくらい。2021年となるとトップどころでもマーク・バーリーやティム・ハドソンだから、ここから殿堂入りする選手はいなさそう。となると、次回2020年とその次2021年の投票では、いま滞留している候補に一気に票が流れ込むことが予想されます。
今回60.9%のカート・シリングは早ければ次回殿堂入りでしょう。また問題発言・行動を起こさなければ、という留保つきですが。今回54.6%のラリー・ウォーカーも、次回が最終年ということもあって可能性は十分。そして問題のバリー・ボンズとロジャー・クレメンスです。ここが一気に伸びるでしょう。
ジーターの晴れの日、殿堂入り式典がもしかしたら盛大なブーイングに包まれてしまうかもしれません。

この季節、総務にはこんな仕事もあります。写真は、弊社が今年いただいた年賀状の束。

相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、2019年もいろんな方から年賀状をいただきました

1月20日にお年玉つき年賀はがきの当選番号が発表されたので、当選している年賀状がないか調べます。

相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設がいただいた年賀状のうち、お年玉くじ当選のものはこちら

結果、今年は3等が9枚でした。
1等は現金30万円。来年こそ当たらないかな~。

You may also like