12月16日(日)“住むと健康になる家”体感バスツアー@秦野市も開催します

オークランド・アスレチックスが新球場計画を発表しました。労働者の街オークランドには似つかわしくない気もしますが、近未来的で実にかっこいいです。ただ問題は実現する見込みがあるのかどうか。かつてのシスコ・フィールド案のようにはならないで是非実現していただきたいものです。
球場といえば、マーリンズ・パークは左中間のホームラン・スカルプチャーを撤去してしまいましたね。あの見た目のやかましさこそ、ラテンアメリカの空気をまとった実にマイアミらしい仕掛けだと思ったんですが。それから、チームカラーからのオレンジの排除。マーリンズ・パークはオレンジボウルの跡地に建っているわけですし、マイアミ・マーリンズとタンパベイ・レイズのフロリダ州対決はその名も“シトラス(柑橘系)シリーズ”。チームカラーにオレンジを入れないというのは、そういう背景を捨てるわけですね。
デレク・ジーターさん、あなたは“ニューヨークの貴公子”かもしれませんが、あなたがいま預かっている球団の本拠地はニューヨークではありませんよ…と小言のひとつでも言ってしまいたくなります。

前回は12月2日()の完成見学会を告知させていただきましたが、12月のイベントはもちろんこれだけではございません。2週間後の12月16日(にもイベントがございます。それは… “住むと健康になる家 体感バスツアー” @秦野市です!
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設主催 2018年12月16日 住むと健康になる家 体感バスツアー@秦野市

2日の見学会が完成したばっかりの、まだお客様がお住まいになっていない真新しい住宅であるのに対して、今回ご紹介のイベントで訪問するのは築6年の住宅です。い~い感じに熟成された、とでも表現すればよろしいのでしょうか。実際にお客様がお住まいになっている家には、新築完成直後の建物とはまた違った趣というものがあります。これは実際に足を踏み入れてみないとわからないものです。弊社で家を建てられた方がお知り合いにいるというのであれば話は別ですが、そうでなければ、実際に人が暮らしている健康住宅に立ち入るというのはなかなか機会がありませんよね。
こちらは参加費は無料ですが、要予約で人数制限もございます。ただ、まだ参加者絶賛募集中ですので、こちらのお問い合わせフォームから気軽にご相談を!

Continue Reading

12月2日(日)完成見学会@八王子市舘町を開催します

エイドリアン・ベルトレもついに引退ですか。あの膝つき本塁打ももう観られなくなるとは寂しい限りです。
ロサンゼルス・ドジャースから10代でデビューし契約最終年に大爆発、からのシアトル・マリナーズでの低空飛行の5年間、からのボストン・レッドソックスとの1年契約→再FA作戦の成功、そしてテキサス・レンジャーズのフランチャイズプレイヤーへ。マリナーズ時代は、まさかこの選手が殿堂入りするような大選手になるとは思ってもみませんでした。
しかし今年の引退組はライアン・ハワード、ビクター・マルティネス、ジョー・マウアー、チェイス・アトリー、ジェイソン・ワース、デビッド・ライト、そしてベルトレ。全盛期を知る選手が一気にこれだけ去るとは寂しくなるなぁ。

あっという間に11月も終わりへと近づいてきました。もう今年も残り1か月ですか、早いものです。ついこないだお雑煮食べたばっかりな気が…というのは少々大げさにしても、時が経つのが早く感じられます。
そんな中、弊社では12月も各種イベントで皆様に健康住宅の良さを知ってもらいたいと考えております。トップバッターを務めるのは、12月2日(開催の “世界一健康に留意した家 完成見学会” @八王子市舘町です!
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設主催 2018年12月2日 世界一健康に留意した家 完成見学会@八王子市舘町

お客様がまだお住まいになられる前のできたてピッカピカの家を、お客様のご厚意により、皆様にも見ていただこうということで、完成見学会を実施させていただきます!
“世界一健康に留意した家” に一歩足を踏み入れたとき、五感がどう触発されるのか。「あ、これいいな。自分も建てるときにはこれを取り入れたい」と思えるものはあるのか。皆様、これを機に確かめてみてはいかがでしょう?
予約不要、参加費無料。皆様、是非とも一度足を運んでみてください!

Continue Reading

綾小路きみまろは「あれから半年」くらいのスパンではネタにはできない

日米野球は日本代表の5勝1敗で幕を閉じました。片や今後の国際大会へ向けてのテスト、片や親善を兼ねた顔見世興業ですから、勝敗というのはそこまで意味を持たないシリーズです。だからこそ日本代表は、例えば第4戦の9回表、決勝のセーフティスクイズなんてのが試せたわけですね。2020年東京五輪での金メダルを目標とするなら、こういうオプションを試せたのは勝敗の結果以上に大きいのではないかと。
一方のMLB選抜、第3戦がすごい試合でした。ヤディアー・モリーナが打で守で笑で大活躍。たった一人の選手が試合にここまで大きな影響を及ぼすというのはそう多くないです。これを生で観てたファンは自慢していいですよ。あの一塁牽制、ほんと芸術的です。

4月、弊社では毎年恒例の花見会が実施されます。秋も深まる今この季節に、なぜ桜の話題を出すのか? あのときの残務処理がまだ完了していなかったという衝撃の事実が、半年以上経った今になって発覚したからです。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の、花見会の残滓が…

あのときの余りのソフトドリンク一式。そのあと段ボールにしまって棚の上に置いたまま、忘却の彼方へ。未開封なので飲めないことはないでしょうけど、ちょっと早めに消費してしまわないと…

Continue Reading

今日はプレミアムではないフライデー

シルバースラッガー賞、ボストン・レッドソックスのJ.D.マルティネスがなんと外野手部門と指名打者部門で同時受賞。外野手での出場は57試合しかないのに、そんなのあり? NPBでは2016年、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平が投手と指名打者の2部門同時ベストナインという偉業(異形?)を成し遂げていますが、大谷は投げて規定投球回に3.0不足の140.0イニング、打って規定打席に62不足の382打席でした。マルティネスの場合、外野手としての打席は219打席で、規定502打席の半分にも満たない。ミッチ・ハニガーとかじゃダメだったんでしょうか。1999年のラファエル・パルメイロが一塁出場わずか28試合でゴールドグラブをもらったのよりはマシかもしれませんが、ちょっと釈然としないです。
ただマルティネスのsplitsを見たら、外野手として試合に出てるほうが好成績残してるんですね。

本日は金曜日。11月の第2金曜日。ノーマルフライデーと呼べばいいのか、それともレギュラーフライデーと呼べばいいのか、あるいはタイピカルフライデーと呼べばいいのか、はたまたユージュアルフライデーと呼べばいいのか。あとルーティーンフライデーってのもあるな。ウィークリーフライデーだと写真週刊誌、パパラッチになりますね。
プレミアムフライデー開始が2017年2月。ということはもう1年半経つんですね。なんかやってるところあるのかな、と思いニュース検索してみたところ「串カツ田中、プレミアムフライデーの10/26は終日串カツ全品を108円に」という記事を発見。これ、去年の記事ではありません。今年の記事です。
串カツ田中は橋本にもありまして、同僚と行こう行こうと話をしつつなかなか行けてないのが現状です。橋本駅を基点にして考えると、弊社所在地は南口を降りて西方向、串カツ田中は北口を降りて東方向。正反対の位置ですからなかなか足が伸びない。
このブログにたびたび登場する不動産担当・渡は、串カツ田中では紅生姜しか注文しないと豪語しています。ちなみにいくどんだとナンコツしか注文しないそうです。単品で呑み続ける会、考えただけでもあな恐ろしや。

Continue Reading