Happy Halloween Hashimoto

う~ん、ワールドシリーズ終わってしまいましたね。結局リアルタイムで観られたのは日本時間28日(日)の第4戦だけ、第1戦~第3戦と第5戦はハイライト映像しか確認できていません。だから今シリーズの印象を問われれば「ロサンゼルス・ドジャースがひどい継投ミスをした」ということになります。しかしそこを逃さずに畳み掛けて見事に逆転してのけるボストン・レッドソックスはさすがでした。同リーグのポストシーズン進出4球団中3球団にレギュラーシーズンで負け越しているので、自分は懐疑的な目で見てましたが、やっぱり強かったです。
ただ、ドジャースにあんな采配ミスや左右病で自滅されるくらいなら、ミルウォーキー・ブルワーズに出てきてもらったほうが楽しめたんじゃないか、という気持ちが頭の中で燻っています。当のブルワーズがドジャースに3勝4敗で負けているので、言っても無駄なことはわかっています。それでも、先発投手を初回先頭打者だけで降板させ、かと思いきやブルペンのジョーカーに3イニングも投げさせるような奇策が、最強球団相手にどこまで通じるかも見てみたかったです。赤子の手をひねるように軽く蹴散らされる可能性も低くはないでしょうが、それでも現実よりずっと意義深いシリーズになったんじゃないかな。

10月27日、土曜日。天気予報では「雨が降るかも」なんて言っていましたが、朝はくもり空の合間から陽射しが差し込み、昼頃にはすっかり快晴となりました。
この日、橋本では年に1回のハロウィンイベントが開催され、今年も多くのお子様に参加していただきました。
実は弊社も橋本商店街の一員でございまして――それどころか社長が商店街協同組合の理事長も務めているわけですが――、このハロウィンイベントにブースを出展、スタンプラリー参加のお子様にお菓子をお配りしています。ただし、弊社所在地が橋本駅前からちょっと遠く、しかも国道16号をまたぐ危ない立地なので、場所はエンゼルハウス保育園をお借りして。

今年、弊社から参加したのは、注文住宅事業部の松尾新垣、建築事業部のでした。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設が、橋本商店街協同組合のハロウィンイベントに参加しました

仮装めっちゃ控えめですねw
渡はブログに「仮装したかわいい姿に癒されました」と書いていました。お子様が「とりっく おあ とりいと」と合言葉を言うと、こちらがお菓子を渡す。お子様は皆一様に嬉しそうな顔をしてくれました。そう、大人の方もこれ楽しいんですよ。やる前は「いい歳して仮装するのこっ恥ずかしいなー」とかブーブー言いつつも、最後は「やってよかった」と思えるんです。なんで、十中八九開催されるであろう来年も楽しみです。

You may also like