久しぶりの作業服

雨天ノーゲームで消えた幻の本塁打に “R.I.P.” と追悼ツイート、なかなか面白い。

NPBではかつて、野村克也がシーズン本塁打記録の更新を目指していたとき、本塁打が雨天ノーゲームで消えそうなのをなんとか阻止するため、雨があがるのを待ってグラウンドにガソリンを撒き点火、無理やり乾かして試合を続行・成立させた…なんてエピソードもあったそうです。ただし、こんな無茶の甲斐あって樹立されたシーズン記録も、翌年あっさり王貞治に抜かれてしまったとか。このエピソードを紹介している本に「神をも恐れぬ所業に罰が下りた」みたいなことが書いてあって、すごく印象に残っています。
今回の天へ召されていった本塁打たちも、何かこういう面白いネタを生んでくれるでしょうか。記録更新はちょっと考えづらいので、あるとしてもタイトル争いとかかな。

先日、久しぶりに作業着を着用しました。本社周りの草が結構伸びてきていたので、除草です。
ここのところずっと炎天下の日本列島、その中で除草作業というのは、始まるまではかなり ((((;゚Д゚)))) ガクガクブルブルなことです。暑いのに、というより暑いがゆえに寒気がする。農作業中に亡くなられる方のニュースが連日流れ、そのたびに恐れおののきます。
頭と首元にタオルを巻いて、直射日光が当たる皮膚面積をなるべく少なく。少しでもしんどくなったら遠慮せず休憩もとることにし、水分補給用にスポーツドリンクを2人分で4L確保。備えあれば憂いなし。
ですが当日は、なんと幸運なことに曇空。日差しが雲に遮られ、ここ数日の猛暑に鍛えられた皮膚の感覚からすれば涼しさすら感じるほどでした。

本社ビル横、隣地の駐車場と接する部分で、雑草が伸び放題になっていました。なんですかこれ、ウクライナの “愛のトンネル” ですか?
IMG_0010

これを午前中いっぱいかけて除草。奥の方にススキがあるの、この写真でわかりますかね? これがなかなかの難物で、手でやってたらキリがないということで、上部はチェーンソーで刈り、根はシャベルで掘り起こして文字通りの根こそぎにしました。土が見えますよ土が。
IMG_0011

涼しかったから呑気に「いや~たまには汗をかくのもいいですな」なんて口走ってしまいますけども、まだ7月も終わっていません。8月・9月と夏はまだまだ続きます。皆様、くれぐれもお気をつけください。

You may also like