ど根性観葉植物

今年もトレードデッドラインが刻一刻と近づいていますが、ここまで成立したトレードをざっと眺めると、同地区内取引が多いように見えるのは気のせいでしょうか?

アメリカンリーグ東地区
J.A.ハップ トロント・ブルージェイズ ニューヨーク・ヤンキース
ザック・ブリットン ボルチモア・オリオールズ ニューヨーク・ヤンキース
ネイサン・イオバルディ タンパベイ・レイズ ボストン・レッドソックス
 アメリカンリーグ西地区
マーティン・マルドナド ロサンゼルス・エンゼルス ヒューストン・アストロズ
 ナショナルリーグ東地区
アズドルバル・カブレラ ニューヨーク・メッツ フィラデルフィア・フィリーズ

主力選手を同地区他球団に売り飛ばすトレードは、当該球団同士で直接対戦する数が多いのであまり成立しないのが普通でした。成立するとすれば、買う方の球団が上質なプロスペクトをはずんだときくらい。でも今年はもう5つも成立している。
これもタンキング流行の影響でしょうか。数年後の世界一を見据えた中期計画のために、目の前のシーズンはわざと捨ててプロスペクトをたんまりと貯め込む。ちょっと活躍したベテランはトレードでプロスペクトと交換し、負けを重ねることで上位ドラフト指名権やIntプールマネーを確保する。そうして獲得したプロスペクトが一気に芽吹いてきたとき勝負をかける―― となれば、負けるための近道は主力選手を放出すること、それも対戦数の多い同地区球団であればなお良し、という話になります。どうせ売った選手は半年のレンタル、シーズンが終われば他地区の球団へ移籍という可能性が高いですし。
オールスター選出メンバーに当初ブレイク・スネルが選ばれなかったのも、タンキング流行(とそれに伴うアメリカンリーグの格差社会化)が原因でした。有力選手が一部の強豪チームに集まってしまうので、1球団最低1人選出ルールが邪魔をして、既にチームメイト選出済のスネルが枠を塞がれて涙を飲んだという話です。
チーム作りの戦略に流行り廃りがあるのは当然ですが、しかし思わぬところに影響が出てくるものですね。「風が吹けば桶屋が儲かる」的な展開で、どこまで広がっていくのでしょうか。

前回は、久しぶりに草むしりをした話を書きました。このときも植物の逞しい生命力に随分と手こずりました。なんといってもススキを刈るのにチェーンソーですから。
今回もまた、植物に目を丸くさせられたお話。まずはこちらを御覧ください。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の、本社2階の観葉植物

弊社2階カウンターにある観葉植物です。一見、何の変哲もない。
ただ、鉢の手前に瓦の飾り物と表彰状らしきものがどことなく不自然に置いてあります。これの裏側はどうなっているかといいますとですね…
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の、本社2階の観葉植物

なんと根っこが内側から張って膨らみ、とうとう鉢を割っちゃったんです。弊社のど根性観葉植物です(←これがなんという品種の植物なのかは知らない)。いやはや、植物の力は凄まじいですね。

Continue Reading

久しぶりの作業服

雨天ノーゲームで消えた幻の本塁打に “R.I.P.” と追悼ツイート、なかなか面白い。

NPBではかつて、野村克也がシーズン本塁打記録の更新を目指していたとき、本塁打が雨天ノーゲームで消えそうなのをなんとか阻止するため、雨があがるのを待ってグラウンドにガソリンを撒き点火、無理やり乾かして試合を続行・成立させた…なんてエピソードもあったそうです。ただし、こんな無茶の甲斐あって樹立されたシーズン記録も、翌年あっさり王貞治に抜かれてしまったとか。このエピソードを紹介している本に「神をも恐れぬ所業に罰が下りた」みたいなことが書いてあって、すごく印象に残っています。
今回の天へ召されていった本塁打たちも、何かこういう面白いネタを生んでくれるでしょうか。記録更新はちょっと考えづらいので、あるとしてもタイトル争いとかかな。

先日、久しぶりに作業着を着用しました。本社周りの草が結構伸びてきていたので、除草です。
ここのところずっと炎天下の日本列島、その中で除草作業というのは、始まるまではかなり ((((;゚Д゚)))) ガクガクブルブルなことです。暑いのに、というより暑いがゆえに寒気がする。農作業中に亡くなられる方のニュースが連日流れ、そのたびに恐れおののきます。
頭と首元にタオルを巻いて、直射日光が当たる皮膚面積をなるべく少なく。少しでもしんどくなったら遠慮せず休憩もとることにし、水分補給用にスポーツドリンクを2人分で4L確保。備えあれば憂いなし。
ですが当日は、なんと幸運なことに曇空。日差しが雲に遮られ、ここ数日の猛暑に鍛えられた皮膚の感覚からすれば涼しさすら感じるほどでした。

本社ビル横、隣地の駐車場と接する部分で、雑草が伸び放題になっていました。なんですかこれ、ウクライナの “愛のトンネル” ですか?
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、本社周りを除草しました

これを午前中いっぱいかけて除草。奥の方にススキがあるの、この写真でわかりますかね? これがなかなかの難物で、手でやってたらキリがないということで、上部はチェーンソーで刈り、根はシャベルで掘り起こして文字通りの根こそぎにしました。土が見えますよ土が。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、本社周りを除草しました

涼しかったから呑気に「いや~たまには汗をかくのもいいですな」なんて口走ってしまいますけども、まだ7月も終わっていません。8月・9月と夏はまだまだ続きます。皆様、くれぐれもお気をつけください。

Continue Reading

木工教室〆切迫る

ニューヨーク・メッツのジェイコブ・デグロム、今日も8回10奪三振2自責点の好投で負け投手に。ここまで防御率は驚異の1.71ながら、低迷するチームにあってなかなか援護を受けられず、5勝5敗と勝ち星は伸び悩み気味。防御率2位のアーロン・ノラ(フィラデルフィア・フィリーズ、2.30)が12勝3敗、3位のマックス・シャーザー(ワシントン・ナショナルズ、2.43)が13勝5敗なのと比べると、さすがにちょっと不憫になってきます。
こうなると気になるのはサイ・ヤング賞レース。「勝敗は実力以外の要素が大きく反映される指標」というのは既に共通認識となっているでしょうが、果たして防御率で2位に0.59ポイント、FIPで2位(ノラ)に0.28ポイントの差をつけている投手が、勝敗の見栄えの悪さというハンデを背負ったときにどういう投票傾向が現れるか、実に興味深いです。
2010年にアメリカンリーグでフェリックス・ヘルナンデス(シアトル・マリナーズ)が受賞したときは13勝12敗。2桁白星・勝ち越しはクリアしていました。デグロムには1桁白星・負け越しでどうなるか、見せてもらいたい。ただトレードでアメリカンリーグに行っちゃったらそこまでですけど。実に勝手で見苦しいファンの一意見です。

既にお子様が夏休みに入ったというご家庭も多いかと思います。弊社では、弊社で施工していただいたことのあるお客様限定で、お子様向けのイベントを毎年開催しています。それが「夏の木工教室」です。
昨年は↓のように、おもちゃの観覧車を作りました。今回はより実用的に、棚とマガジンラックの2種類を用意しています。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設は、お子様向けの木工教室を開催します

自然素材の扱いには手慣れたプロの弊社社員が、親切丁寧に指導いたします。「うちの子って手先が不器用で…木工なんてさせても大丈夫かしら」という方もご安心を。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設は、お子様向けの木工教室を開催します

募集〆切は7月30日(月)、残り1週間です。ただ、時間帯によっては既に定員に達してしまい、これ以上の受け入れは不可となっているところもございます。ご了承ください。
ご興味を持たれた方は遠慮なさらず、ぜひ弊社までお電話を。番号は042-772-0021です。

Continue Reading

や、やられた~

今年のオールスターゲーム、ド派手に花火大会やってくれましたね。8回・9回とまるでシンシナティ・レッズvsシアトル・マリナーズの対決みたいになっていたのに、延長10回から急に去年のワールドシリーズ第2戦を再現するかのような2連発。10回裏のジョーイ・ボットの一発は、10回表のアメリカンリーグが無得点であればサヨナラHRだったんですけど、さすがにそれは野球の神様が「そんなマンガみたいな展開許すわけあるか」と突っぱねてしまいましたw
一方、その前日のホームランダービーは、まるで野球の神様が「いいぞ存分にやれ」とお許しを与えたかのような展開。決勝戦残り1分20秒で9本差。しかもタイムアウト明け直後に投手の制球が定まらない。それでも追いついてしまったブライス・ハーパー。さすがです。今年もオールスター、楽しませてもらいました。

いやしかし、ホームランダービーは熱いけれども日本も暑い。なんなんですかこの暑さ。というわけでとうとう熱中症なるものを経験してしまいました。
熱中症罹患日、どれだけ殺人熱波を浴びていたか。自宅から最寄り駅へ10分、橋本駅から会社までの5分ちょいを歩き、朝は本社駐車場で15分の朝礼。そして昼過ぎに一度、会社から50mもない場所にあるポストへ郵便物を投函。たったこれだけでした。それなのに頭が痛くなってくる。最初は夏風邪かと思ったんですが、そのうち筋肉痛も出てきて「あ、これが熱中症ってやつか」と。その日は定時で帰り、翌日から2日間の欠勤となってしまいました。
今年の猛暑、本当に甘く見てました。これからは水分・塩分補給を欠かさずに、しょっぱく行こう。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設は、熱中症予防に力を入れています

Continue Reading

この季節こそ「0宣言の家」

なんという凄まじい試合でしょうか。9点差逆転って、あんた…
1 6 0 2 0 0 0 3 0 | 12
0 0 0 1 4 5 4 0 X | 14
ワシントン・ナショナルズ、今季もぶっちぎりの地区優勝かと思ってたんですが思わぬ苦戦。昨日はとうとう5連敗で勝率.500を割り込んでしまい、試合後に選手だけでミーティングをするという緊急事態に陥っていました。その次の日にこんな試合、これで波に乗れるのかどうか。
しかし生で観てたら、そして2回表終了時点で諦めてなかったら、最高に面白い試合でしょうねこれは。逆転もさることながら、8回には2点差に詰め寄られ、9回も一発逆転のところをギリギリ逃げ切ったというのは実にポイントが高いです。

関東甲信、観測史上最速で梅雨明け! 平年より22日も早く梅雨明け!」なんていうニュースを耳にし、これからの3か月を無事に過ごせるのか恐怖に慄いたのが先週のことでした。それが昨日から空は曇天、雨模様。ジメッとした空気のなかで傘をさして歩いていると「早まったか気象庁」と口にせずにはいられません。
日本が高温多湿の国だということを否が応にも実感させられるこの季節。しかし弊社が提供する「0宣言の家」では、外の湿度がまるで嘘のように思えるほど快適に過ごすことができます。それはなぜか?
例えば、断熱材にはセルロースファイバーを使うから。例えば、壁には「呼吸する塗り壁」スペイン漆喰を使うから。例えば、外壁下地にMOISS、屋根の下地に野地板、フローリングに無垢材を使うから。
他にも、弊社は最高の住環境実現を目指して、素材や性能にはとことんこだわっています。こだわりまくってます。もしよろしかったら、こちらのページでそのこだわりを確認してみてはいかがでしょう?

Continue Reading