新年早々、絵心のなさに凹む

ジャンカルロ・スタントンと大谷翔平が決まったのでFA市場も本格始動か…と思いきや、相変わらず動きが鈍い。一方、トレードではピッツバーグ・パイレーツが再建フェイズに入った模様。ゲリット・コールとアンドリュー・マカッチェンを相次いで放出しました。
いや~、パイレーツ。貧乏球団の悲哀を『ビッグデータ・ベースボール』で乗り越えて泥沼からは抜け出しましたが、3年連続ワイルドカードが精一杯でしたか。コールはともかく、マカッチェンも出すとなると、一時代の終わりを感じます。
そのマカッチェンの移籍先はサンフランシスコ・ジャイアンツ。チームの中心選手であるアフリカ系アメリカ人でMVP受賞経験ありの外野手がパイレーツからジャイアンツへ移籍、となるとどうしてもバリー・ボンズとのアナロジーを思ってしまいます。暗黒面に堕ちなきゃいいけど…。ボンズのような「オレ様が、何が何でもオレ様が」タイプではなく、それどころか模範的優等生ですから、杞憂だとは思いますが。
パイレーツの方には、コールやマカッチェンの見返りで得た駒がショボいという批判の声もあるそうですね。このうち投手は3人、マイケル・フェリス、ジョー・マスグローブ、カイル・クリック。名伯楽レイ・シーレイジの下で開花なるでしょうか。金のないチームはここが生命線ですからね。

さて、今年の初投稿は既に1月も後半に入ってからとなってしまいました。師走だけでなく、今年は1月からてんやわんやです。ようやく落ち着いてきたのが昨日今日あたり。
昨年も書きましたが、まずは目標設定です。今年はまず、絵をこんな感じにしてみました。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設では、全社員が年始に目標を設定します

どうです? これ犬に見えますか? 絵心のない自分なりに精一杯描いた犬ですが、不動産担当の渡からは「藤野くん、キツネ上手に描けたね~。…えっ、犬? 犬?」と。くそ~。こんなこと言われちゃ黙ってられない、今年の目標は「絵の上達」にしてやろうか…ってそれ業務にあまり関係あらへんやんけ。設計チームならともかく、総務部が完成予想図とか描くわけでもないしなぁ。

Continue Reading