業務中に酒を買う。酒を。

MLB.com Cut4の “Shohei Ohtani apparently studies video of Bryce Harper to help him with hitting”(大谷翔平はブライス・ハーパーのビデオを見て打撃の参考にしているらしい)という記事。FOX Sportsのジョン・モロシのTweetと、以前にも紹介した大谷の打球消失二塁打の動画が載っていました。


あー確かに。この体全体を使って力強く振り切る感じ、バットが体に巻き付かんばかりのフォロースルー。ものすごくかっこいいんだけど、自分みたいな一般人がヘタに真似したら絶対に体壊すやつ。言われてみれば似ている。
そういや、エイドリアン・ゴンザレスがボストン・レッドソックス時代に、イチローっぽさを取り入れたフォームでホームラン打ったこともありましたっけ。

やっぱり一流選手ともなると、他の一流選手を真似て結果を出すという、素人には出来ないことを平然とやってのけるんだなぁ。

先日、業務で銀行に行った帰り。橋本駅前のスーパーで日本酒を買ってきました。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、業務中にお酒を買いましたが神棚のためですよ

「仕事中に酒に手を出すなんて完全にアル中じゃないか」「会社にバレたら即刻クビものだろこれ」…という話ではありません。では何かといえば、これ。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、業務中にお酒を買いましたが神棚のためですよ

弊社2階に備え付けの神棚用です。神様どうか弊社を見守ってくだされ、と。しかし真っ昼間からスーツ姿で酒を買うって、周りの目がやっぱり気になってしまうものですね。

Continue Reading

喪失感

カルロス・ベルトランもとうとう引退ですか。3000安打まであと少しというところでしたが、40歳の今季、OPSが.184ポイントも下落していては致し方ないか。悲願のワールドシリーズ優勝も経験し、いい引き際だったんでしょう。お疲れさまでした。
稀代の万能選手、将来の殿堂入りはどうでしょう。Baseball-Reference.comのSimilarity Scoresでは、彼とよく似た成績の10選手中5人が殿堂入り、さらに2人が今後の殿堂入り濃厚。ただ、そのほとんどがMVP受賞経験者か3,000安打達成者なんですよね。両方ともないベルトランは、殿堂入りできるにしてもかなり待たされそうな。
左右で遜色のない成績を残すスイッチヒッターであり、走攻守すべてがハイレベルな5ツールプレイヤーであり、ポストシーズンに強く、ロベルト・クレメンテ賞も受賞した人格者。ぜひ殿堂入りしてほしいですけどね。
ところで、Players’ Tribuneでの引退発表文では「バリー・ボンズはオールスターでもひとりで5つのロッカーを占拠していた」というエピソードに笑ってしまいましたw さすが。

先日のピザパーティーは「行く者あれば来る者あり」ということで、行く者に対する餞のような意味があったわけです。
それが終わり今週も、またいつものように2階で仕事をしているんですが、どうにも落ち着かない。そりゃそうです。自分が総務に来てから1年強の間ずっと同じフロアにいた人が、もう昨日からいないんですから。
自分や後輩にいろいろと優しく教えてくれていたあの声が、もう聴こえてこない。一歩退いた位置からの的確で冷静なツッコミが、もう入ってこない。家族のことを話す時の嬉しそうな笑顔が、もう見られない。喪失感が半端じゃないです。
今、自分の頭のなかでH2O『想い出がいっぱい』のあの歌詞がエンドレス状態です。人は皆、この喪失感を乗り越えてまた大人になるんだろうな、と。階段登ってます、とにかく登ってます。これ以上書くとJ○SR○Cに怒られるかもしれないので自粛しますが。
ただ、今年も10か月はうちの会社にいたわけですし「もしよかったら忘年会に来てくださいよ」とお誘いはしています。都合があえば、新しい職場のことや家族のことなど、いろいろと話を聞けたらいいなと思います。
本人はここをご覧になっていないとは思います(もし読んでいたら「喪失感とか、死んだみたいな書き方するなー」とツッコまれそうです)が、新しい職場でのご活躍を心から祈念しています。

Continue Reading

ピザピザピザピザァ!

熱戦続きのワールドシリーズも終わってしまいました。結果はヒューストン・アストロズの初優勝。『スポーツ・イラストレイテッド』2014年6月30日号の表紙が見事に予言となりました。しかも、ジョージ・スプリンガーがシリーズMVP受賞というおまけつきで。実際には、特集ページの見開き扉にでかでかと載っているのが、マーク・アペルとジョン・シングルトンだったりもするんですけどね。さすがにそこまで求めるのは酷か、もしこれがダラス・カイクルとホセ・アルトゥーベだったら「ベン・ライターさん、あなた未来からタイムスリップしてきた人ですか?」という話になってしまいますw それにしても「リリーフが弱い? んなことつべこべ言わずに打ち勝ちゃいいんだろ」とでも言わんばかりのあの打線、凄まじい破壊力でした。さすがOPS+で2位に22ポイント差のぶっちぎりだっただけのことはある。
ロサンゼルス・ドジャースは残念でした。ダルビッシュ有が2試合連続2回途中KOだったのが痛い。元々ダルビッシュがMLB入りしたとき、テキサス・レンジャーズはワールドシリーズで「あと1ストライク」が決められずに敗れていました。レンジャーズはダルビッシュを世界一への切り札とみなしていたし、ダルビッシュも「今の僕なら抑えられる」と自信を見せていました。しかしその後のレンジャーズはシリーズ再進出を果たせず、今年7月にダルビッシュをドジャースへトレードします。ドジャースは独走状態で、補強などしなくても地区優勝は確実な情勢。それでもダルビッシュを獲得したのは、ドジャースもまたダルビッシュを世界一への切り札とみなしていたためです。そうした背景の物語があって、そして迎えた天下分け目の第7戦ダルビッシュ先発。結果は…現実というのは残酷なものです。
シーズンが終わり、目下の焦点はアレックス・ブレグマンがホワイトハウス表敬訪問に参加するかどうかです。

さて本日は、ピザパです。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、2階でピザパーティーを開催しました
行く者あれば来る者あり。さらに誕生日を迎えた者もあり。歓迎送迎祝福と、なんだか動線こんがらがりまくりのピザパでした。

Continue Reading