港区をなめてはいけない

7月31日のノンウェーバー・トレードデッドラインまであと1週間。既にホセ・キンタナやライアン・マドソン、J.D.マルティネスにトッド・フレイジャーといった中堅どころは動きましたが、本番はこれからです。
2015年のカンザスシティ・ロイヤルズ、2016年のシカゴ・カブスはともに、7月末時点で突っ走っていたにもかかわらず、トレードでさらに戦力を積み増して最終的に世界一を掴みました。その点、今年のロサンゼルス・ドジャースやヒューストン・アストロズはどう動くか。また、ワイルドカード争いでも微妙な位置につける球団は買い手になるか売り手に回るか。特にテキサス・レンジャーズのダルビッシュ有の行方には大注目です。
フロントオフィスの人間はこれから1週間、権謀術数渦巻く世界に身を置き、寝る間も惜しんで交渉でしょう。しかしフィールドでは、バットボーイならぬバットドッグがバットそっちのけで投手にボール遊びをおねだりしてたりする。この対極性が実にたまらない。

先週金曜日、講習を受けに田町まで出張です。
相模原だって政令指定都市。弊社の本社ビルがある橋本はリニア中央新幹線の停車駅となり、今後ますますの発展が見込める街です。決して田舎ではない。
出かける前は「田町なんぼのもんじゃい。港区? かかってこんかい」くらいの意気込みでした。なお、不動産担当のは「田町ってひっくり返したら町田だよ、あんなもんだよ」と。これはこれでいったい何を言っているんでしょうかw
さぁ、いざ山手線を降り、田町に着いてみたら…
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の総務部、田町まで出張
やっぱ田町でけぇ! なめてました、すいませんでした!
この日は3人で田町に行ったのですが、降りて早々に西口と東口を間違えてしまったのはここだけの話です。

You may also like