オムハヤシ

シーズンも開幕から5分の1を消化しました。今季のダークホースと見込んでいたコロラド・ロッキーズが予想以上に突っ走り、逆に落ち目だとみていたワシントン・ナショナルズも好調。そして今年も本命のシカゴ・カブスが勝率5割で、その地区の首位はなんと再建球団シンシナティ・レッズ! やはり今年も予想通りとはいきません。
コロラドといえば何といってもマイルハイでの打撃戦ですが、今季のロッキーズは実は守り勝つチームだとFangraphsのジェフ・サリバンが解説しています。フライがHRになるならゴロを打たせればいいじゃない、それで守備のいい内野手を揃えればいいじゃない、と言うは易く行うは難し。しかし今季のロッキーズはゴロを、それもとびきりボテボテのゴロを打たせまくっている。
そしてリードを奪えば盤石のリリーフ陣が控えています。監督のバド・ブラックは投手天国ペトコ・パークが本拠地のパドレスから打者天国クアーズ・フィールドが本拠地のロッキーズへ、極端な鞍替えをしましたが、ここまでは継投策などピタリとハマっているようです。

先日、我が家の夕食はデカ盛りオムハヤシでした。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のオムハヤシ
夕方のニュース番組でよく特集しているような、いわゆるデカ盛りに対して、我が家は否定派。画面にデカ盛りが出てくると「品がない」と言ってブーイングを浴びせていました。
にもかかわらず、この日は自分でデカ盛りをやってしまった。おかわりのとき、オムライスはもう一度たまごを焼かなければいけないから面倒だったんですね。
普段はブーブー言うくせに、いざ食べたら満足感でいっぱい。いや~食った食った。私は実に罪深い人間です。

You may also like