大学の後輩!?

とうとうWBCも終わってしまいました。決勝戦こそ敗れましたがプエルトリコ、いいチームだった! 野手陣はヤディアー・モリーナとカルロス・ベルトランのWBC皆勤コンビを屋台骨に、フランシスコ・リンドーアとハビアー・バエズとカルロス・コレアの若手内野手トリオが躍動。投手陣はビッグネームこそいないもののバラエティ豊かな面々を揃え、ヤディの好リードにも導かれて相手打線を抑えました。
一度勢いに乗ったら手のつけようがないラテン特有のノリの良さ、などというステレオタイプには与したくありません。大きいのが打てるだけでなく小技も利く打線。守備は扇の要の捕手ヤディと、親友同士のリンドーアバエズで組む二遊間が鉄壁。投手陣は前回大会でのらりくらりとかわす投球が目立っていたのに対し、今大会では力でねじ伏せることもできていました。チーム全体で髪をブロンドに染め、一体感も見てとることができます。ひとつひとつのプレイに対する感情表現が、アメリカ代表のどこか淡々とした優勝決定時のそれよりも熱を持っているように見えたのは、バイアスがかかっているのかもしれませんが。
一方、2大会連続ベスト4に終わった日本。このチームは「スモールベースボール」という言葉に囚われすぎているきらいがある(しかもその「スモール」を「緻密」という別の概念に置き換えがち)と思います。しかし今大会では、代名詞ともいえる投手力や基礎技術の水準の高さはそのままに、筒香嘉智が3本塁打を放つなど強打が目立っていました。
「ラテンアメリカの中では比較的スモールで東アジア寄り」な野球のプエルトリコと、「東アジアの中では比較的ビッグでラテンアメリカ寄り」な野球の日本。この両者が戦う決勝戦も見てみたかったです。前回大会準決勝の再戦ということもあり、Must Cな試合となったことでしょう。

本日、弊社で今年2回目の会社説明会が行われました。以前にも述べた通り、弊社に募集してくださる学生さんは圧倒的に女性が多い。前回の説明会では男性が2名いましたが、今回は全員女性です。ほんとうになんなんでしょう。
で、その中のひとりが、なんと僕の大学の後輩でした。在学期間が重なっているわけでもなく、学部も文系・理系で違うし、その学部があるキャンパスの所在地も違う(どころか、彼女が通う方のキャンパスには、僕は足を踏み入れたことすらない)ので、いくら同じ大学といえども共通の話題などほぼないも同然ですが…。それでも、後輩が来るというのはなんだかちょっとだけ嬉しい気持ちにはなります。

You may also like