内定式

今年もレギュラーシーズン最終戦までわからないシーズンでした。先のエントリで触れたナショナルリーグは、ニューヨーク・メッツがまず第1ワイルドカードを獲得、そして最終戦でサンフランシスコ・ジャイアンツが勝利して第2ワイルドカードとなりました。
それ以上にややこしかったのがアメリカンリーグ。9月29日のクリーブランド・インディアンスvsデトロイト・タイガース戦が雨天中止になったことで話がぐちゃぐちゃに。結果次第ではこれの代替試合を行わなければならず、それがワイルドカードの行方にも、ディビジョンシリーズのホームフィールドアドバンテージにも影響する大一番になるかも…そしてワイルドカードをかけてのプレイオフが三つ巴となるかも…しかも三つ巴になった場合、ボルチモア・オリオールズがわざと第2シードをタイガースに譲るかも…といろいろな可能性があったのです。しかし結局は2日の最終日であっさり決着しました。
ワイルドカードゲームは、ナショナルリーグはジャイアンツの勝利、アメリカンリーグはトロント・ブルージェイズがオリオールズを下す、と予想しておきます。

 

今日は10月第1月曜日、弊社でも内定式を行いました。
来年4月に入社予定なのは、女子6名に男子1名の計7名。みな緊張した面持ちで、初々しく挨拶をしてくれました。その内定式、そして続く全体会議で登壇する人登壇する人みなが「内定おめでとう」と声をかけ、そのたびに学生さんたちはお辞儀を返す。2時間近く、緊張もしているでしょうに大変だったと思います。
そんななかで印象に残ったのが、八木部長のスピーチ。「みなさん、入社するまでに最高の笑顔が作れるようにしてください。我々の業界ではそれが最高のコミュニケーションツールになる」と。自分にもズドンと響く言葉でした。
学生のみなさん、今後どんな職種につくのかもまだわかりませんが、とりあえず入社するまでは学生生活をEnjoy! してくださいね。そして4月、最高の笑顔で会いましょう。

You may also like